名古屋眼鏡株式会社

SDGs(持続可能な開発目標)

名古屋眼鏡株式会社は「持続可能な開発目標(SDGs)」に取り組んでいます。

◆取組み◆
・社内健康診断の毎年実施
・インフルエンザ予防接種、全社員実施
・社内に、うがい薬と紙コップ、マスク、アルコール消毒液、サプリメントを、いつでも社員が使えるように常備


◆取組み◆
・認定眼鏡士資格取得のためのキクチ眼鏡専門学校通信制にかかる学費と教材費を負担。スクーリング日は勤務扱い。
・日本眼鏡技術者協会入会金・会費・認定眼鏡士資格維持のための生涯学習受講料及び更新料の負担
・奨学金を利用し大学を卒業した者全員に、その返済金額の一部補助
・1993/10~早朝勉強会を毎年約100回開催
・毎年多額の教育研修費を計上


◆取組み◆
・2011年からの「くるみんマーク」3回取得に向けての計画と行動
・2017年の「プラチナくるみんマーク」取得に向けての計画と行動、持続的活動
・2018年の「えるぼし(3段階)」で認定された活動
・2020/3/1~3/31に鯖江市が制定した「オレンジめがねキャンペーン」活動に協力し、当社別冊カタログにそのリーフレットを同封、全国小売店様に告知。併せて「グローカルメガネ」も実費で代理販売。


◆取組み◆
・2011年より電力モニターを設置し電気使用量の半減に取組み
・2014年「名古屋市優良エコ事業所」認定された取組み
・社用車へのハイブリッド車の採用
・社内蛍光灯のLED化を順次推進


◆取組み◆
・2020年ホワイト企業大賞特別賞受賞で評価された取組み


◆取組み◆
・MEIGANshopによる品揃え、在庫情報の共有、発注の簡便化
・2014年「中小企業IT 経営力大賞2014」IT経営実践認定企業認定、「中部IT経営力大賞2014」優秀賞受賞
・2017年~「働き方に関する方針」で生産性向上を具体的に推進


◆取組み◆
・毎週金曜日朝の托鉢(地域清掃)活動


◆取組み◆
・環境配慮型紙袋(お渡し袋)の販売


◆取組み◆
・プラスチック包装の変更、削減


◆取組み◆
・2006年FAXのペーパーレス化による紙(木材)資源利用の削減
・2020年物流センターのPCP化における紙(木材)資源利用の削減
・2020年納品書・請求書のペーパーレス化による紙(木材)資源利用の削減


  • MiNiMAミニマ